岡山大学病院 病院長・卒後臨床研修センター長 金澤 右

向きあう、つながる、広がる


岡山大学病院
病院長
卒後臨床研修センター長
金澤 右

私は、私たちの働いている岡山大学病院が大好きです。岡山大学病院には、患者さんに誠実に明るく接し、患者さんのために労苦をいとわない素晴らしい職員にあふれているからです。ですから、多くの患者さんは、岡山大学病院を好ましく思い、頼りにしてくださっていると思います。

そんな私たち岡山大学病院の使命は、特定機能をもつ大学病院として患者さんに最先端の医療を提供することですが、もう一つの大事な使命は、有用な医療人を多く育成して社会に貢献することです。私たちが岡山大学病院に育ててもらったように、私たちも若い仲間を岡山大学病院で慈しみ育て、やがてその若い仲間が彼らの後輩たちをまた育てる、そのような教育の循環こそが、岡山大学病院の大きな財産だと思います。

大学病院での研修にしかできなこと、それは、大学病院ならではの科学的な臨床マインドを多くのスタッフから学び、その実践を医療の現場でともに展開し、ともに成長することだと思います。岡山大学病院の専門医研修プログラムは、医療人としての広い視野と心構え、確実な医療技術を育成します。岡山大学病院での充実した研修だけでなく、中国四国地方を中心として連携する多くの関連病院での実践的な研修も合わせ、若き医師たちが、医師としての人生のスタートを歩み出し、悩み、成長していく過程をしっかりと積み重ねていくには最適な環境です。

専門医研修を行うレジデントの皆さんが学ぶ私たちの岡山大学病院は、患者さんやそのご家族と真摯に「向きあい」、地域の方々や社会と密接に「つながり」、世界に羽ばたいて「広がる」ことを目指しています。Facing your Face, Facing our community, Facing the World、レジデントの皆さん、未来の素晴らしい医療人を目指して一緒に働き、学びましょう。